災害廃棄物の分類と処理

Posted in 5月 20th, 2014
by therainbowcenter.net
色々な瓶

廃棄物は、廃棄物処理法によって、一般家庭から排出され市町村に処理の責任がある一般廃棄物と、企業などの事業者によって排出され事業者に処理の責任がある産業廃棄物というものに分類されます。では、災害廃棄物はどのように分類され、処理されるのでしょうか。

災害廃棄物は、基本的には一般廃棄物に分類されるようです。つまり、一般家庭からのゴミと同じ処理方法になるということです。ですが、中には明らかに産業廃棄物に分類されるような物もあるようで、そういった物に関しては産業廃棄物として処理されるようです。

災害とは

Posted in 5月 20th, 2014
by therainbowcenter.net
色々ゴミ

災害とはどういったものでしょうか。
日本列島は、多くのプレートが重なり合う地盤であることから、度々大きな地震や津波に遭遇することがあります。それと同時に、日本は火山国でもあり、火山の噴火という現象も起きることがあります。また、台風などによる大雨で洪水や土砂崩れも発生します。災害とは、一般にはこういった自然災害を指す場合が多いです。

大きな災害が起こると、社会的なインフラが破壊されて、人間の生活が脅かされたりすることがあります。

災害による廃棄物
平成23年に、東北地方を中心とした東日本大震災という非常に大きな規模の災害が発生しました。これにより、大地震や大津波などによって、多くの一般家屋や施設などが破壊されました。それに伴って、この破壊された物による多くのガレキや、津波などによってなぎ倒された木材などが大量に発生しました。これらの一部は、津波によって海に流され、太平洋を渡りアメリカまで流されていった物もあるようです。

こういった災害による廃棄物を、災害廃棄物といいます。

不法投棄

Posted in 5月 20th, 2014
by therainbowcenter.net
ペットボトルゴミ

災害廃棄物は、災害時にデル廃棄物のことです。東日本大震災のあと、災害廃棄物という言葉をよく耳にするようになりました。何トンという災害廃棄物が積み上げられている光景。まだ印象に残っているはずです。あの時は、行政が処理に苦戦していたはずです。この廃棄物は、分別とかする余裕がないです。

産業廃棄物も、普通のごみも一緒。小さい規模の災害なら、民間の業者も処理してくれるところがあります。一度、調べてみるといいです。

廃棄物の行方
「災害廃棄物」も「産業廃棄物」も、結局は埋め立てします。その過程での、適切な処理が大事です。東日本大震災のような大規模な災害は、行政が廃棄物を処理すべきです。

しかし、小規模災害からでた廃棄物や、ちょっとした産業廃棄物は民間でも扱っています。全てを行政に頼らないでいきましょう。民間も利用して、美しい街並みをつくりましょう。不法投棄などがない世の中を目指したいです。なかなか難しいのでしょうが、きっとできます。

廃棄物の処理問題

Posted in 5月 20th, 2014
by therainbowcenter.net
スプレー缶ごみ

東日本大震災の後には、国や事業者だけではなく、多くの一般市民によるボランティア等の協力によって災害廃棄物が処理されていきました。
廃棄物は、指定された場所で指定された方法で処理されることが決められています。

しかし近年では廃棄物の不法投棄が各地で問題となっています。
不法投棄の問題の背景には、廃棄にかかる費用などが考えられています。
不法投棄に関しての法律も定められており、それらに反した場合は懲役や罰金などの罰則を受けることもあります。

道路に置いてある廃棄物
近年、産業廃棄物を違法に捨てる人が増えています。道端においてあったり、山に捨ててあったりします。後者の場合は、たちが悪いです。金銭的な問題なのでしょうが、モラルがなさすぎます。環境破壊へもつながるかと思います。

産業廃棄物は、市町村の規定に沿って捨てたいです。悪臭とかする場合もありますし。産業廃棄物を捨てるきのマナーは、心得ないといけません。富士山に不法投棄がたくさんされています。これでは、ごみの山になってしまいます。

Please fill this area using admin panel options
Design by: Beautiful Wordpress Themes Coded by MMORPG and Full Tilt Code